特集上映「ケリー・ライカートの映画たち 漂流のアメリカ」

特集上映「ケリー・ライカートの映画たち 漂流のアメリカ」

現代アメリカ映画において最も重要な作家のひとりと称されるケリー・ライカート監督のキャリア初期の傑作4本を一挙に上映する特集「ケリー・ライカートの映画たち 漂流のアメリカ」を、グッチーズ・フリースクールさん、東映ビデオさんと弊社とで共同展開させていただくことが決定しました。
 
7月より渋谷シアター・イメージフォーラムを皮切りに全国の劇場で開催されます。
 
1964年にフロリダ州マイアミで生まれたケリー・ライカート監督。海外では「現代アメリカ映画の最重要作家」と評され、『ノマドランド』のクロ エ・ジャオ監督の先駆者としても脚光を浴びる大きな存在。しかし日本ではこれまで紹介される機会が少なく、知る人ぞ知る存在にとどまっていましたが、昨年9月のイメージフォーラム・フェスティバルはじめ一部の劇場で上映された際には、チケットが即完売になるなど大好評を博しました。今回上映されるのは、彼女の初期の傑作4本。94年に従来の犯罪映画・メロドラマ・ロードムービーの枠組みを鮮やかに換骨奪胎し、インディペン デント・スピリット賞で3部門ノミネート、出品されたベルリン映画祭、サンダンス映画祭でも批評家から絶賛された長編デビュー作『リバー・オブ・グラス』。USインディーロックの雄「ヨ・ラ・テンゴ」が楽曲提供し、ウィル・オールダムが主演した2006年の『オールド・ジョイ』。『オールド・ジョイ』を見て、ライカート監督に自らアプロ ーチしたミシェル・ウィリアムズを主演に迎えた『ウェンディ&ルーシー』(2008)。そして再び主演にミシェル・ウィリアムズを迎え、ゾーイ・カザン、ポール・ダノら豪華俳優が出演した全く新しい現代版・西部劇『ミークス・カットオフ』(2010)は、ヴェネツィア国際映画祭 SIGNIS(国際カトリック映画事務局)賞を受賞。『オールド・ジョイ』以降の作品は『リバー・オブ・グラス』に惚れ込んだトッド・ヘインズ(『ベルベット・ゴールドマイン』『キャロル』監督)が製作総指揮を務めています。
 
A24が製作・配給した最新作“First Cow”(20)はベルリン国際映画祭で金熊賞にノミネートされ、ニューヨーク批評家協会賞(NYFCC)では作品賞を受賞。「インディワイアー」誌では3位、「サイト&サウンド」誌では3位、「ガーディアン」誌では6位と、欧米主要メディアでも2020年の年間ベストに軒並みランクインするなど激賞された、にわかに世界中から熱い視線を集める名匠ケリー・ライカート監督の原点たる初期の代表作が全国の映画館で上映される待望の機会となります。


 
特集上映「ケリー・ライカートの映画たち 漂 流のアメリカ」
 
配給:グッチーズ・フリースクール、シマフィルム
提供:シマフィルム、東映ビデオ
 
 
『リバー・オブ・グラス』
1994/アメリカ/スタンダード/カラー/76 分
撮影:ジム・ドゥノー
出演:リサ・ドナルドソン(リサ・ボウマン)、ラリー・フ ェンセンデン
 
 
『オールド・ジョイ』
2006/アメリカ/ヴィスタ/カラー/73 分
脚本:ジョナサン・レイモンド
撮影:ピーター・シレン
音楽:ヨ・ラ・テンゴ
出演:ダニエル・ロンドン、ウィル・オールダム
 
 
『ウェンディ&ルーシー』
2008/アメリカ/ヴィスタ/カラー/80 分
脚本:ジョナサン・レイモンド
撮影:サム・レヴィ
出演:ミシェル・ウィアムズ、ウォリー・ダルトン
 
 
『ミークス・カットオフ』
2010/アメリカ/スタンダード/カラー/103分
脚本:ジョナサン・レイモンド
撮影:クリストファー・ブローヴェルト
出演:ミシェル・ウィルアムズ、ゾーイ・カザン、ポー
ル・ダノ
 
 
本企画公式Twitter
https://twitter.com/kelly2021_jp
 
公式サイトは近日アップ予定。
 
乞うご期待!

前へ 一覧 次へ