新着情報

0425chichinokokoro_omote_Fol
もりおか映画祭2015 にて『父のこころ』の上映が決定しました。
福本清三さんが映画祭のメインゲストとしてご登壇予定。
福本さん主演の『太秦ライムライト』と共に上映されます。
今回『父のこころ』は“斬られ役”ではない役柄の福本さんの
お芝居を観られる作品として、お招きいただきました。
 
 
もりおか映画祭2015
2015年10月16日(金)〜10月18日(日)
開催概要等詳細はこちら▼の映画祭公式サイトにてご確認ください。
http://www.odori.or.jp/morioka-eigasai/

もりおか映画祭2015チラシ表 もりおか映画祭チラシ裏
▲こちらの画像クリックで拡大表示されます。
 
 
x_IMG_4344s x_chichi_fkmt02
 
 
 


osoihito_sirowaku弊社製作配給作品『おそいひと』(2004年/柴田剛監督)第63回サン・セバスチャン国際映画祭(2015年9月18〜26日開催)で上映されることになりました。

スペインのサン・セバスチャンで開催される歴史も規模も最大級の国際映画祭です。ヨーロッパではカンヌ、ベルリン、ヴェネチアに次いで重要な映画祭と位置づけられています。
 
2013年度(第61回)に是枝裕和監督『そして父になる』がコンペ部門に出品され、観客賞を受賞するなど、日本映画にとっても世界で作品が紹介され、注目を受ける重要なサイトになっています。ちなみに今年は細田守監督の『バケモノの子』がアニメーション映画では史上初のコンペ部門選出を果たすことで話題になっています。
 
『おそいひと』が上映されるのは、「ニュー・ジャパニーズ・インディペンデントシネマ2000-2015」という企画の枠で、2000年から2015年にかけて日本で製作されたインディペンデント作品を厳選して紹介する特別回顧展。諏訪敦彦監督『H story』、塚本晋也監督『六月の蛇』、黒沢清監督『アカルイミライ』、河瀬直美監督『垂乳女』、園子温監督『愛のむきだし』、濱口竜介監督『PASSION』など二十数作がラインナップされています。
 
2000年代を代表する日本のインディペンデント映画のなかに『おそいひと』を選出いただけたこと、新たに本作をご覧になる皆さまに、感謝いたします。
 


 
第63回サン・セバスチャン国際映画祭(2015年9月18〜26日開催)
公式サイト(英語版): http://www.sansebastianfestival.com/in/

ニュー・ジャパニーズ・インディペンデントシネマ2000-2015
企画ページ(英語版): http://www.sansebastianfestival.com/2015/sections_and_films/thematic_retrospective/1/4954/in
 


 
また、『おそいひと』は国内でも上映が続いております。

❖京都【立誠シネマプロジェクト】2015年8月8日(土)〜20日(木)

❖山口【山口情報芸術センター】2015年9月4日(金)、9月25日(金)
*9/25は柴田剛監督トークもあり!
 


 
x_sub02

❖『おそいひと』公式サイト
http://osoihito.jp/

今後も様々な機会で上映を続けたいと考えております。
本作上映ご希望の方は、ご相談からお伺いしますので、
シマフィルムまで どなたでもお気軽にお問い合わせ下さいませ。
 
❖お問い合わせフォームはこちら
http://shimafilms.com/inqury/index.html

 
 
 




シアターキノ(札幌市中央区)にて、俳優・原田芳雄さんの命日に
『ニワトリはハダシだ』を上映いただくことになりました。
35mmプリントでの上映です。お近くの皆さま、ぜひお越しくださいませ。

原田芳雄アゲイン


昨年劇場公開を果たした『父のこころ』が、本作の生まれた場所、立誠シネマにて再び上映が決まりました。
立誠シネマは、日本ではじめて「シネマトグラフ」が映された“日本映画原点の地”とされる元・立誠小学校にあり、また本作『父のこころ』の谷口正晃監督の母校でもあります。

『父のこころ』は冒頭から、元・立誠小学校の趣深い校舎のなかを主演・大塚まさじさんが歩く印象的なシーンから始まります。

今回は6月の「父の日」に合わせて、父の生き様を描いた映画を揃えた特集企画のなかの1作として上映されます。また、6/20(土)の『父のこころ』上映では、主演の大塚まさじさん・谷口正晃監督によるトークショーもあり、同日の夜には立誠シネマから徒歩1分のBAR Dylan-Ⅱにて大塚まさじさんのライブも実現。

皆さま、ぜひご注目ください!

【上映作品】*各画像クリックで各作品の公式サイトにとびます。
0425chichinokokoro_omote_Fol goodbyeandhello kimigaikitaakasi

父の日特集


latest3

カジカジ4月号(2015年3月12日発売)
「オレの背中」コーナーにて志摩敏樹が登場します。

本誌ラストページの連載企画。「先輩のコトバには、僕たちが今を生き抜くヒントがある」をコンセプトに、カジカジ読者さんの先輩に向けて、これまでの経験や今思うことなどをインタビュー形式で聞く、という内容です。

「映画愛だけじゃない、背負うひとがいないから。」

ぜひ買うてください!

写真-1

 


Osoihito Card Omote Osoihito Card Ura

下北沢トリウッドにて、『おそいひと』の定期上映が実施されています。
土日祝に『おそいひと』が定期的に上映されている状態をつくるという形をとっています。

通常の劇場上映とは異なりますが、新しい上映の形としてご記憶いただけましたら幸いです。

トリウッド

http://homepage1.nifty.com/tollywood/

〒155-0032
東京都世田谷区代沢5-32-5-2F
TEL 03-3414-0433

『おそいひと』公式サイト
http://osoihito.jp/top/


1405_cocoro_liveposter  s_chichinokokoroA
★画像をクリックすると大きく表示されます。

福知山の新たな文化拠点《まちのば》にて、『父のこころ』上映とそれを記念しての主演・大塚まさじさんのライブが開催されます。

くわしくは下記の画像をご覧ください。

全国各地で上映が続く『父のこころ』
おなじく各地でその歌を響かせる大塚さん
映画もライブも、ぜひこの機会にあわせてお楽しみくださいませ。

1408_schedule_cocoro_live
★画像をクリックすると大きく表示されます。


京都府福知山市に、弊社運営の《まちのば》がオープンしました。


▼《まちのば》について

歴史ある福知山の広小路商店街の誕生する《まちのば》は、「1Fコミュニティスペース(レンタルスペース、多目的スペース)」と2F「古本と珈琲モジカ(ブックカフェ)」からなる民間事業です。多くの市民に“開かれた”レンタルスペースとしての運営と、民間発信だからこそできる独自企画(イベント等)が相互に受け入れられる場所を提示することによって、「まちのば」がコミュニケーションの場=文化・芸術の交流スクエアとして機能することを目標としています。

▼《まちのば》名前の由来と理念
「まちのば」という名前は、気軽に立ち寄れる「町」の「場」であり、「町」から「新しい(=NOVA)」をつくるという想いを込めてつけられました。NOVAは、ラテン語で新しいや新星という意味があります。型にはまった感動だけではなく、様々な物の見方や感じ方ができる場所は、地方都市にこそ必要だと感じています。みんなが集える場所、憩いの空間に、ほんの少し「新しい」をひと振りして、京都府福知山市に「新しい感動」の入り口を作りたいと考えています。

コミュニティスペースをはじめ、レンタル受付も6/2(月)より承ります。
くわしくは《まちのば》公式サイトをどうぞご利用ください。

地域からの新たな文化発信と交流の場として、皆さまにご活用いただけましたら幸いです。

何卒よろしくお願い申し上げます。

+++

s_140501プレスリリース_まちのば

s_konyu

s_mojika
s_mojikachan
s_nishimura

s_okujo

▼まちのば公式サイト▼
▼古書店モジカ公式サイト▼


ことしもシネマカレッジ京都が開講します!
《俳優》《脚本》《配給宣伝》と、さらに多角的にさらにパワーアップした“映画の学びや”へ、ぜひご参加ください。

各コースの参加募集が随時行われています。

詳細は
シネマカレッジ京都 公式サイト

2014_CCK_B5_F


niwatori-2

森﨑東監督特集を行う北九州市民映画祭にて『ニワトリはハダシだ』を上映いただくことになりました。

+++ +++ +++

《第4回北九州市民映画祭~映画は森崎だ~我ら、”森崎東”党なのよ宣言~》

【会 期】 2014年4月25日(金)~26日(土) ※25日は前夜祭
【会 場】 「小倉昭和館」   北九州市小倉北区魚町4-2-9
【ゲスト】 青山真治(映画監督)、岩松了(劇作家、演出家、俳優)、浜田毅(撮影監督)、山根貞男(映画評論家)

【プログラム】

4月25日(金)前夜祭
18:30~ 生きてるうちが花なのよ 死んだらそれまでよ党宣言
20:30~ 喜劇 女は度胸

4月26日(土)
10:30~ 女生きてます 盛り場渡り鳥
※昼食Time(旦過市場ほか北九州の食文化をご堪能下さい!)※
13:30~ 特出しヒモ天国
15:00~ ニワトリはハダシだ
17:15~ ペコロスの母に会いに行く
19:30~ ゲストトーク (約1時間30分)
21:30~ ゲストを囲んでのパーティー

【会場アクセス】
小倉昭和館
小倉北区魚町4‐2‐9
tel:093-551-4938
★北九州市小倉北区旦過市場そば
JR小倉駅より徒歩6分/モノレール旦過駅より徒歩1分/西鉄バス停紺屋町より徒歩1分
【主催・お問合せ】
北九州しねま研究会(北九州市民映画祭実行委員会)代表 吉武
Mobile : 090-1349-7362 /fax:093-582-4785
E-mail: kitaqcinema@gmail.com

公式詳細情報
http://www2.ocn.ne.jp/~showakan/

+++ +++ +++