新着情報

dokohazu teaserB5 2『お母さん、いい加減あなたの顔は忘れてしまいました』(遠藤ミチロウ監督)
に続くシマフィルムドキュメンタリー映画第2弾

 


 

『どこへ出しても恥かしい人』

2020年2月1日(土)より新宿ケイズシネマにて公開決定!
以降、全国劇場巡回予定。
2019年/日本/DCP/5.1ch/64分

出  演
友川カズキ
石塚俊明 永畑雅人
及位鋭門 及位然斗 及位玲何
大関直樹 安部俊彦 林秀宣 六兵衛鮨 本橋さん 菊池豊 木村さん まりえさん

製作・配給:シマフィルム株式会社
監督:佐々木育野
撮影:高木風太 録音:松野泉 車輛:西村立志
編集:宮本杜朗 松野泉 佐々木育野
プロデューサー:酒井力 田中誠一 製作:志摩敏樹

 


 

途方に暮れながら、生きる。

これは友川カズキのある夏の日常の記録である。

友川はミュージシャン、画家、詩人として、知る人ぞ知る存在でありながら

40年以上にわたって作品を発表し続けてきた。

一部では高く評価されながらも、広く大衆に受け入れられることはなく、

川崎の小さなアパートで今も粛々と暮らしている。

20年来、どっぷりハマっているのが競輪だ。

本人は「競輪が病気なら、生涯、治らないでほしい」と豪語する。

基本的に大穴狙いで、競輪仲間には滅多に当たらないとも言われている。

それでも、今日もまた、

一日の大半の時間を競輪場に出向くか、あるいは家でのレース予想に割いている。

そして、時々ライブ。

その熱量は、車券を握りしめ競輪場の観覧席で叫ぶ姿と、

どこか似ているようでもある。

2010年の夏の記録が2020年に呼び覚まされる。

いつの時も変わらない友川の姿がそこにある。