新着情報

eiga24KYOTO_fb_pop.jpg

シマフィルム×映画24区の新プロジェクト「映画24区KYOTO」

特設サイトがオープンしました!
コチラ▼

http://shimafilms.com/eiga24kukyoto/

【チラシ画像】

eiga24kukyoto_A3_H1H4_F.gif
▼チラシ外面PDF
eiga24kukyoto_A3_H1H4_F.pdf

eiga24ku_kyoto_A3_naka_F.gif
▼チラシ内面PDF
eiga24ku_kyoto_A3_naka_F.pdf

応募用紙_A4_2.gif
▼俳優ワークショップ申し込み用紙PDF
応募用紙_A4_2.pdf

eiga24ku_kyoto_A4_2.gif
▼企画概要PDF
eiga24ku_kyoto_A4_2.pdf


★無事終了しました!ご来場の皆さま、ありがとうございました!

★6月19日に台風4号の影響により延期となりましたこちらのイベントを、
7月2日(月)に振替開催することが決まりました。
皆さまのご来場をお待ち申し上げます。
どうぞよろしくお願いいたします。

《映画24区×シマフィルム 京都映画俳優ワークショップ上映会》
「 STEP BY 映画24区KYOTO vol.1 」

日時:7月2日(月) 17:30開演(17:00開場予定)
会場:同志社大学寒梅館クローバーホール(烏丸今出川)
参加費:500円

◎「映画24区」と「シマフィルム」制作作品を同時上映!
そしてそれぞれの代表が語る「これからの映画」対談を行います。
ワークショップをはじめとするプロジェクト「映画24区KYOTO」への誘(いざな)いです。

◎京都を拠点に映画を発信する「シマフィルム」と、東京・山形で映画人の育成を手がける
「映画24区」が、京都を舞台に新たに映画人発掘育成プロジェクト「映画24区KYOTO」を
立ち上げます。初年度となる今年は、3回の俳優ワークショップを経て、最終的に短編映画
の制作までを行います。このプロジェクトの一環として、「シマフィルム」と「映画24区」の製
作作品のご紹介と、本プロジェクトのガイドともなる、各代表どうしの座談会を開催します。
プロジェクトや上映作品にご関心のある方、ワークショップに参加をお考えの方、どなたさま
もお気軽にお越しください!

▼『傷跡』(2011年/47分/HD/冨樫森監督)★映画24区第1回製作作品
▼『かぞくのひけつ』(2006年/83分/DV-CAM/小林聖太郎監督)★シマフィルム製作作品
▼対談:志摩敏樹(シマフィルム代表)、三谷一夫(映画24区代表)

【タイムテーブル】
17:30~18:20 『傷跡』
18:20~19:20 三谷×志摩 対談
19:20~19:30 休憩
19:30~20:55 『かぞくのひけつ』

**********************

傷跡01.JPG

『 傷 跡 』 
2011年/HD/color/16:9/47分
★映画24区第1回製作作品
監督:冨樫森(『非・バランス』『ごめん』)
脚本:五十嵐 愛
出演:梨乃、牧野愛、吉田俊大
企画・製作・配給:株式会社映画24区 制作協力:庄内映画村株式会社

◎映画人を育成するワークショップ「映画24区」から誕生した第1回製作作品。
監督は『非・バランス』『ごめん』で高い評価を受けた冨樫森。冨樫監督の出身地
でもある山形県鶴岡市を舞台に、公募で選出された脚本を元に、「映画24区」
ワークショップ参加生が出演し、庄内での支援のもと完成させた。過去から逃れ
るように一度東京に出たものの、再び地元に戻ってきてしまった女性とその同級
生たちが、「いじめ」をめぐる過去と現在に立ち向かうドラマを描く。

kazokunohiketsu.jpg

『かぞくのひけつ』
2006年/Digital/color/16:9/83分
★第47回日本映画監督協会新人賞受賞
★シマフィルム製作・配給作品
監督・脚本:小林聖太郎(『毎日かあさん』)
出演:久野雅弘、秋野暢子、桂雀々、ちすん、谷村美月、テント、浜村淳

◎『パッチギ!』『ニワトリはハダシだ』などの助監督を経た小林聖太郎の監督デビュー作。
『ごめん』の久野雅弘が情けなく愛すべき主人公を熱演し、しなやかさと力強さを併せ
持つ秋野暢子と、上方落語で絶大な人気を誇る桂雀々が最強夫婦を結成。若き本格
派女優として成長を続ける谷村美月、ちすん、そしてカルト的人気を誇るテントをはじめ、
脇を固める名優たちが、大阪を舞台にエキセントリックかつ軽やかに繰り広げる物語。
日本映画監督協会新人賞に輝いた新世紀喜劇映画の秀作!

*************

株式会社映画24区(代表:三谷一夫)
映画の企画・製作や映画や映像を活用した地域プロデュース業務を行う。
2011 年4 月に映画人の育成を目的としたワークショップを開講。
現在は「俳優」「シナリオ」「地域プロデューサー」の3 コースを東京・山形にて開催中。
なかでも映画や映画館を活用したまちづくり・映像教育等に取り組む
「地域プロデューサーコース」は映画業界では他に例がなく、多方面から注目されている。

シマフィルム株式会社(代表:志摩敏樹)
京都を拠点に映画の製作・配給を行う。京都府舞鶴を舞台にした『ニワトリはハダシだ』
(03年/森﨑東監督)を製作。以降、『おそいひと』(04年/柴田剛監督)、『17歳の風景
/少年は何を見たのか』(05年/若松孝二監督)、『かぞくのひけつ』(06年/小林聖太
郎監督)を製作・配給。09年より京都市内にシマフィルム京都オフィスを設立し、「京都
連続シリーズ」として『堀川中立売』(09年/柴田剛監督)、『天使突抜六丁目』(10年/
山田雅史監督)を製作。

*******************************************

会場:同志社大学・寒梅館 クローバーホール(小ホール)
参加費:500円
★同志社大学学生・職員の方は無料。
★「映画24区KYOTO」俳優ワークショップ応募済みの方は無料。

主催:同志社大学今出川校地学生支援課
共催:シマフィルム株式会社、株式会社映画24区

*******************************************


【特報!!】
シマフィルム展が好評につき、7月6日までの会期延長が決定しました!
さらに6月29日に特別企画座談会を緊急開催します!

《シマフィルム展特別企画 映画×演劇 de つながらナイト!》
開催日:2012年6月29日(金)

時間:19時~22時(受付18時30分~)

場所:KRP町家スタジオ大広間

参加費:500円(お茶とお菓子を用意します)

詳細はコチラ!!

*** *** *** *** *** *** *** *** ***

6月1日(金)より、映画『堀川中立売』の舞台ともなった
京都・堀川中立売にあるKRP町家スタジオさんにて、
一ヶ月にわたってシマフィルムの軌跡を一同に展示する
“シマフィルム展”を開催させていただくことになりました。

シマフィルムがこれまで製作してきた映画作品のポスター、
フライヤーの展示を中心に、2009年より京都市にオフィスを
構え製作された、京都を舞台にした映画シリーズ”京都連続”の
『堀川中立売』(2010年/柴田剛監督)、『天使突抜六丁目』
(2010年/山田雅史監督)のグッズや資料もお手にとってご覧
いただけます。

映画『堀川中立売』特設コーナーでは、HARRY画伯による
特大イラスト(1030×1456 mm)原画×イラストポスター
(原画と同サイズ)のパラレル展示が目を引きます。

また、『堀川中立売』の世界をより深く垣間見ることができる
映像を展示。劇中に使用された『加藤TV』完全版と『Making
of
堀川中立売☆DOMAN SEMAN』という、ここでしか観るこ
とのできない貴重な映像を特出しております。

別番組で「シマフィルム作品予告編集」も、お好みでご視聴
いただくことができます。

そして、こちらのシマフィルム展開催期間中にも、
京都でシマフィルム作品の上映があります!

【シマフィルム作品上映情報】

京都みなみ会館にて、シマフィルム”京都連続”連続上映が決定!
『堀川中立売』
(京都連続第1弾)  6月24日(日)〜6月30日(土)
『天使突抜六丁目』(京都連続第2弾)  7月1日(日)〜7月6日(金)
▶詳細はコチラ

『かぞくのひけつ』(2006年/小林聖太郎監督)も、6月19日に
同志社大学寒梅館・クローバーホールにて上映されます!
▶詳細はコチラ

ぜひシマフィルム展とあわせて、映画の上映にもお越しください!

KRP町家スタジオ
シマフィルム展へお越しの際はコチラをチェック▶開館カレンダー

【アクセス】
〒602-8233 京都市上京区葭屋町通中立売上る福大明神町128

●JR京都駅から市バス(9系統・快速9系統・50系統)堀川中立売 下車 徒歩1分
●地下鉄烏丸線今出川から徒歩20分
☆堀川中立売交差点とファミリーマートが目印です。
交差点を西に入り、最初の路地を北に直進すると、すぐ左手にございます。

◆KRP町家スタジオはレンタルスペース兼シェアオフィスとして運営をしております。
土日祝は休館、平日は10時~17時で開館しています。
利用状況によっては不定期で閉館開館しておりますので、
遠方よりお立ち寄りの際はお問い合わせください。

【お問い合わせ】

シマフィルム京都オフィス
tell:075-201-5167
mail: sei@shimafilms.com
担当:田中


この度シマフィルムは、
第2回映画24区製作・配給作品、『1+1=1 1』(イチタスイチハイチ イチ)の
関西配給宣伝協力をいたします。

関西各地で晩秋頃、この作品を公開、関西の皆さまへお届けします。
矢崎監督と新進気鋭の若手俳優たちの出会いが生んだ珠玉の映画です。
関西の劇場情報、イベント情報等、夏から秋にかけてお知らせいたします。
どうぞお楽しみに。

c_1+1B5_omote_F.jpg

『1+1=1 1イチタスイチハイチ イチ (2012年/日本/HD/66分)
監督:矢崎仁司(『三月のライオン』『ストロベリーショートケイクス』『スイートリトルライズ』)
脚本:矢崎仁司・武田知愛
出演:喜多陽子、粟島瑞丸、松林麗、気谷ゆみか、田口トモロヲ
企画・製作・配給:株式会社映画24区

2012年6月23日(土)より、新宿K’s cinemaにて公開。
以降、各地劇場等にて上映予定。

映画24区
『1+1=1 1』


★2012年9月25日(火)に、同志社大学寒梅館・クローバーホールにて
本作の関西プレミア上映と矢崎仁司監督来場トークイベントが決定!
関西で本作をいちはやくご鑑賞いただき、矢崎監督に会えるチャンスです!

「STEP BY 映画24区KYOTO vol.2」
『1+1=1 1』上映&矢崎仁司監督トーク

9月25日(火)18:30~
会場:同志社大学・寒梅館 クローバーホール(小ホール)
参加費:500円
★同志社大学学生・職員、映画24区KYOTO俳優ワークショップ応募済みの方は無料。

主催:同志社大学今出川校地学生支援課
共催:シマフィルム株式会社、株式会社映画24区