製作実績

カテゴリー

製作配給 , 配給取扱

お母さん、いい加減あなたの顔は忘れてしまいました

出演:遠藤ミチロウ

THE STALIN Z(中田圭吾、澄田健、岡本雅彦)、THE STALIN 246(クハラカズユキ、山本久土、KenKen)、NOTALIN’S(石塚俊明、坂本弘道)

三角みづ紀、盛島貴男、竹原ピストル、AZUMI

山下利広(BIG MOON Cafe)、麓憲吾(ASIVI)、伊東哲男(APIA40)、中川澄夫(TE-TSU)、中川ミサ子(TE-TSU)、佐伯雅啓(OTIS!)

大友良英、和合亮一、二階堂和美、オーケストラFUKUSHIMA!  遠藤チエ

 

監督:遠藤ミチロウ

 

プロデューサー:志摩敏樹|撮影:高木風太|録音・整音:松野泉|制作進行:酒井力|編集:志摩敏樹、松野泉
撮影協力:柴田剛|宣伝美術:境隆太|配給担当:田中誠一|海外セールス:植山英美

 

◎豚の臓物、爆竹を客席に投下、全裸でステージから放尿、といった過激なパフォーマンス。
吉本隆明などが評価し、多くの後進の世代をも魅了したたその類まれなる歌詞世界。
ザ・スターリンを率いて時代を築いたミュージシャン遠藤ミチロウ。

バンドを解散した後も、現在に至るまで、ソロを中心に活動を続けている。

60才を迎えた2011年、ザ・スターリン復活ライブを決行し、そして全国を巡る自身の還暦ソロツアーを敢行する。そのさなか、3.11東日本大震災が起こり、故郷・福島は地震・津波災害と同時に、原発災害にも見舞われることとなった。それまで、故郷をまったくと言っていいほど顧みることのなかった遠藤は、故郷の地でPROJECT FUKUSHIMA!を行うべく始動する。そこには、自身のアイデンティティたる家族への眼差しが生まれ、第二次大戦でガダルカナル、フィリピンと激戦地に赴いた父への畏敬にみちた思い、自身の代表曲「お母さん、いい加減あなたの顔は忘れてしまいました。」にも強烈に込められた母へのアンビバレントな感情が赤裸々に語られる。本作は、遠藤のライブの旅と行く先々での人々との対話を描くロード・ドキュメンタリー。時代をつくり、駆け抜け続ける遠藤ミチロウというミュージシャン=ひとりの人間としてのシンプルにして力強い生きざまは、今を生きる人々に忘れかけた何かを思い出させることだろう。

血肉を引き裂くようなヴォイスシャウト。
還暦(60才)を超えてもなお躍動する、その肉体と声。

なぜ歌い続けるのか?なぜ旅を続けるのか?
過激なライブパフォーマンスと相反するかのような実直な語りで、男は明かす。

見届けよ! この旅は、終わらない。

 

【遠藤ミチロウ公式サイト】

 

製作配給 , 配給取扱

父のこころ

出演:大塚まさじ 日永貴子 古賀勇希 上西愛理

福本清三(『ラストサムライ』)

 

監督:谷口正晃(『時をかける少女』『乱反射』『シグナル ~月曜日のルカ~』)

 

音楽 石塚徹

 

撮影監督:上野彰吾(『ごめん』『ぐるりのこと。』『時をかける少女』)|脚本:濱本敏治・谷口正晃|音楽:石塚徹|プロデューサー:志摩敏樹(シマフィルム) 三谷一夫(映画24区)|製作・配給:シマフィルム株式会社 株式会社映画24区

助監督:丸谷ちひろ|撮影助手:浅川周・武藤成美|録音:松野泉|編集:唐津正樹|美術:塩川節子|衣裳:増川智子|ヘアメイク:南原香奈子|製作担当:木村尚司|アソシエイトプロデューサー:田中誠一|題字:中川学

 

◎壊れてしまった家族が本音をぶつけあい、情と情をからませながら新たな出発を見出すまでを、京都の街を舞台に描きます。名曲「プカプカ」で1970年の日本の若者たちを魅了したシンガー・大塚まさじが、63歳にして映画初主演。言葉にならない“父のこころ”を、味わい深い存在感で演じます。仲里依紗主演『時をかける少女』など、新人俳優の演出に定評のある谷口正晃監督が、今度は自身の地元である京都を舞台に、オリジナル企画を映画化。決して派手さはないものの、骨太で実直なドラマに仕上げました。

壊れてしまった家族はやり直せるのか?人として筋を通すこととは?すべてをのみこんで一歩を踏み出す、新しい“家族の肖像”がここに誕生します。

 

【シネマカレッジ京都】
『父のこころ』は京都を舞台に、若き作り手や俳優と、オリジナル脚本を練り上げ、俳優ワークショップを重ねてつくった映画です。その拠点《シネマカレッジ京都》は、演じたい、創りたい、手掛けたい、そんなあなたの活躍の場です。

公式サイトcinemacollege-kyoto.com

 

chichinokokoro_illust_ver_B2_1_c

京都連続 , 製作配給 , 配給取扱

太秦ヤコペッティ

出演:和田晋侍 キキ花香(劇団 子供鉅人) 小沢獅子丸
福本清三 土平ドンペイ 石井モタコ 堀田直蔵 スギム  北原雅樹

 

監督:宮本杜朗

 

音楽 和田晋侍(巨人ゆえにデカイ/DMBQ)
演奏:石原只寛 稲田誠 WonJiksoo ゑでゐ鼓雨磨 カメイナホコ 佐伯真有美 中林キララ 松永ケイゴ マーヤLOVE(N’夙川BOYS) maayan 和田晋侍

 

エンディングテーマ:DODDODO “5”

 

監督・脚本・撮影・編集:宮本杜朗 共同脚本:松永後彦 助監督:高倉雅昭 照明:浅川周 録音:松野泉 美術:西村立志 ラインプロデューサー:菊池正和 制作担当:伊賀裕一 衣装:生本覚子 特殊メイク:大竹敦子 音楽:和田晋侍 スチル:佐伯慎亮 宣伝美術:境隆太 アソシエイトプロデューサー:田中誠一 プロデューサー:志摩敏樹 製作・配給:シマフィルム株式会社

 

◎『堀川中立売』、『天使突抜六丁目』に続くシマフィルム“京都連続”第3弾。本作の舞台は、京都が世界に誇る映画の街、太秦。しかしこの映画では、観光地として知られた場所ではなく、誰もが懐かしさを覚えつつも、どこにも存在しないような錆色の街の風景が、ヒリヒリするような粒子感と、赤や黒を基調とした鮮烈な色彩によって映し出される。京都っぽくない京都?実はそれこそがほんまの京都の姿!

京都連続 , 製作配給 , 配給取扱

天使突抜六丁目

出演:真鍋拓 瀬戸夏実 服部竜三郎
麿赤兒 蘭妖子 若松武史 桂雀々 栗塚旭 柄本明

 

監督:山田雅史

 

製作総指揮:志摩敏樹 ラインプロデューサー:菊池正和 脚本:宮本武史・山田雅史
撮影:笠真吾 照明:三谷拓也 録音:弥栄裕樹 美術:西村立志
編集:松野泉・山田雅史 助監督:松野泉・舟木健児
音楽:渡邊崇 楽曲提供:通崎睦美・AKI-RA sunrise
製作・配給:シマフィルム株式会社

 

◎『堀川中立売』に続くシマフィルム“京都連続”第2弾。京都出身の山田監督を起用し、京都市内に実在する「天使突抜町」という地名から着想を得て、ビザールでミステリアスな現代の寓話を描く。メインキャストに新進の若手俳優をたて、東西の個性派ベテラン俳優が脇を固める布陣で、天使突抜六丁目という妖しくも幻妙な世界を構築。人々を呑み込んで離さない、地図にない街。そしてそこから逃れようとする男女の哀しくも美しい逃避行。

京都連続 , 製作配給 , 配給取扱

堀川中立売

★第10回東京フィルメックス・コンペティション出品
★NIPPON CONNECTION 2011正式出品 NIPPON VISIONS AWARD受賞

 

出演:石井モタコ(オシリペンペンズ) 山本剛史 野口雄介
堀田直蔵(バミューダ★バガボンド) 清水佐絵(HATENA TAXI) 秦浩司(VP-MONCHI)  祷キララ
石崎チャベ太郎 とんとろとん 宮川ひろみ
桂雀々 タージン 志賀勝 住田雅清

 

音楽:neco眠る あらかじめ決められた恋人たちへ Killa Sista SUPERDUMB
RATVILLE 手ノ内嫁蔵 ELEKTRO HUMANGEL DEADPHONE
ABRAHAM CROSS ヨコヤマヒデキ

 

監督:柴田剛

 

製作総指揮:志摩敏樹 脚本:松永後彦・柴田剛 撮影:高木風太
照明:岸田和也 録音:東岳志(tonraum) 美術:金林剛 助監督:匂坂力祥
制作担当:金城恒次 編集:高倉雅昭 音楽監修:森雄大(neco眠る)
アシスタントプロデューサー:福嶋美穂・酒井力
アソシエイトプロデューサー:田中誠一・松本伸哉
製作・配給:シマフィルム株式会社

 

◎現代の京都。地球侵略を画策する加藤 the catwalk ドーマンセーマンとギャラクシー・フォースのリーダー安倍さんが繰り広げる悠久の闘い!ヒモの信介とホームレスのツトムは、安倍さんに捕獲され、たった二人で加藤が仕掛ける人類総ゾンビ化計画に立ち向かう!シマフィルムが京都を舞台に描く“京都連続”シリーズの第1弾作品。『おそいひと』で大きな反響を得た柴田剛監督を再び起用し、関西の若手精鋭のスタッフ・キャストが集結。京都の路地裏から宇宙へと拡がる壮大なスケールと圧倒的な表現力は比類するものがない!

製作配給 , 配給取扱

おそいひと

★第5回東京フィルメックス・コンペティション出品
★第34回ロッテルダム映画祭正式出品
★2005年ハワイ国際映画祭正式出品 Dream Digital Award受賞

 

出演:住田雅清 とりいまり 堀田直蔵 白井純子 福永年久 有田アリコ

 

監督:柴田剛

 

製作:志摩敏樹 原案:仲悟志 撮影:高倉雅昭・竹内敦 録音:森野順
編集:市川恵太・鈴木啓介・熊切和嘉・柴田剛 音響効果:宇野隆史
音楽:world’s end girlfriend バミューダ★バガボンド
製作・配給:シマフィルム株式会社

 

◎コロスゾ…重度身体身障者が「襲い人」を演じる本作は、15以上の各国映画祭で絶賛されながら、その題材の過激さから、国内公開までに3年の歳月が費やされることになった。シマフィルム最大の難産にしてセンセーショナルな問題作。2007年の公開当時にポレポレ東中野で約5000人の動員を記録。wegのノイジーな楽曲と渾然一体となったマジック・リアリズムの映像表現は、その題材の過激さを超え、多くの観客の感性に深く響いた。

製作配給 , 配給取扱

かぞくのひけつ

★第47回日本映画監督協会新人賞受賞

 

出演:久野雅弘 秋野暢子 桂雀々 ちすん 谷村美月
テント 九十九一 南方英二 長原成樹 水木薫 桜井一枝  浜村淳

 

監督:小林聖太郎

 

企画・製作:志摩敏樹
プロデューサー:中村有孝 アソシエイトプロデューサー:富岡邦彦
脚本:小林聖太郎・吉川菜美 撮影:近藤龍人 美術:宇山隆之
編集:鈴木真一・小林由加子 音楽:Flat Three 録音:石寺健一
製作・配給:シマフィルム株式会社

 

◎オンナ癖の悪い父、嫉妬深い母。息子の賢治は大人たちの板挟みに。恋人・典子も優柔不断な賢治にイライラ。なんで男と女は、ツラい思いをしながら、一緒になろうとするんやろ?悩め、頑張れ、賢治!!隅々に渡るまで関西にこだわったキャスティング、キレのあるコメディセンスがみなぎる演出によって、新世紀の喜劇映画の傑作が誕生した。大阪・十三の第七藝術劇場復活記念映画として製作され、大阪・京都で大ヒット!

製作配給 , 配給取扱

17歳の風景 少年は何を見たのか

★第17回東京国際映画祭Riff出品

 

出演:柄本佑 針生一郎 関えつ子 小林かおり
井端珠里 不破万作 田中要次 鳥山昌克 丸山厚人

 

監督:若松孝二

 

プロデューサー:志摩敏樹 脚本:山田孝之・出口出・志摩敏樹 撮影:辻智彦
編集:板部浩章 音楽:友川かずき ラインプロデューサー:大日方教史
照明:大久保礼司 録音:川嶋一義 助監督:白石和彌
製作・配給:シマフィルム株式会社

 

◎母親を殺害した少年は、己の過ちから身を引き剥がすようにして、ひたすら自転車で北へと向かった。独自のモチーフと手法が際立つ作品として、あまたある若松監督作品の中でも今なお異彩を放ち続ける一本。撮影当時17歳だった柄本佑の熱演、友川カズキの衝撃的な楽曲の鼓動が、移ろいゆく日本の原風景に反響する。若松監督はこの作品を経て、『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』『キャタピラー』の制作に突入してゆく。

製作配給 , 配給取扱

ニワトリはハダシだ

出演:肘井美佳 倍賞美津子 原田芳雄 浜上竜也
石橋蓮司 余貴美子 加瀬亮 守山玲愛 岸部一徳
柄本明 笑福亭松之助 塩見三省 中川梨絵

 

監督:森﨑東

 

製作総指揮:志摩敏樹 
製作:若杉正明 プロデューサー:榎望・榎戸耕史 
エグゼクティブプロデューサー:石川富康 企画:若杉正明 脚本:近藤昭二・森﨑東
撮影:浜田毅 美術:磯見俊裕 編集:川瀬功 音楽:宇崎竜童・太田恵資・吉見征樹
音楽プロデューサー:佐々木次彦 照明:長田達也 録音:武進 助監督:武正晴
製作・配給:シマフィルム・ビーワイルド・衛星劇場

 

◎知的障害を持つ少年サムは、人並みはずれた記憶力を持っている。しかし、その能力が災いして偶然にも警察の汚職事件に巻き込まれてしまう。森﨑監督が原発ジプシーの生き様を描いた傑作『生きてるうちが花なのよ、死んだらそれまでよ党宣言』の正統な続編といった位置づけながら、現代日本の根底にはびこる諸相を炙り出す、ごった煮的な痛快作。記念すべきシマフィルム第1回製作作品。森﨑監督への全面的なリスペクトが生んだ、笑いあり!涙あり!怒りあり!な、これぞ森﨑映画の真髄!

関連作品

ぼくんち

出演:観月ありさ 矢本悠馬 田中優貴
真木蔵人 今田耕司 濱口優(よゐこ) 新屋英子 

 

監督:阪本順治

 

プロデューサー:塚田有希・妹尾啓太 製作総指揮:三宅澄二・畑利明
協力プロデューサー:志摩敏樹

原作:西原理恵子
脚本:宇野イサム 撮影:笠松則通 美術:小川富美夫 
音楽:はじめにきよし 音楽プロデューサー:谷奥孝司
製作:『ぼくんち』フィルムパートナーズ 配給:アスミック・エース株式会社

 

◎貧しくもたくましく生きる3人姉弟と、それを取り巻く水平島の人々との触れ合いを描いたドラマ。西原理恵子の原作を阪本順治監督ならではのユーモアと表現力で描き、出てくるキャストはこれでもかという濃いキャラばかりのなか、主演の観月ありさと幼い弟役のふたりが大胆さと繊細さをあわせもつ好演を見せる。オール舞鶴ロケを敢行し、舞鶴在住の志摩がロケーションコーディネートに尽力。

関連作品

風花

★トロント国際映画祭正式招待
★釜山国際映画祭正式招待

 

出演:小泉今日子 浅野忠信
麻生久美子 香山美子 柄本明 尾美としのり 小日向文世
鶴見辰吾 高橋長英 椎名桔平 寺田農 山本真亜子 笑福亭鶴瓶

 

監督:相米慎二

 

製作:若杉正明・早河洋・志摩敏樹 プロデューサー:椎井友紀子 
原作:鳴海章 脚色:森らいみ
企画:木村純一・古川一博 撮影:町田博 
音楽:大友良英 音楽プロデューサー:佐々木次彦
美術:小川富美夫 編集:奥原好章 衣装(デザイン):小川久美子 
録音:野中英敏 助監督:高橋正弥 照明:木村太朗
製作:ビーワイルド・テレビ朝日・TOKYO FM

 

◎故郷に残した一人娘に5年ぶりに会いに行く風俗嬢。酔った勢いから彼女のドライブ行に付き合うことになった謹慎中のキャリア官僚。帰る場所もない二人は一路、北へ。シンプルな構成とあっけらかんとした風景の中に佇む男と女。やがて滲み出てくるような滋味を画面に漂わせる映画女優・小泉今日子の魅力が開花した代表作、そして相米慎二監督最後の作品となった。シマフィルムが映画製作に乗り出すきっかけとなった最初の出資作。